FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現行キン肉マン 第219話:武名を挙げよ!楓!! ツッコミ 感想 レビュー

2017/09/25


 現行キン肉マン 第219話:
武名を挙げよ!楓!! ツッコミ 感想 レビュー



ネタバレ注意!!




 「落ち着け!加奈陀男!!(カナディアンマン)」ではなく
無難なタイトルに落ち着きましたね



 「むざむざ殺されるつもりはねぇけどよお
それでもみんな死ぬことくらい覚悟してこのリングに上がったはずさ」



やはり時間超人相手にヘタれた彼は
パラレルワールドのカナディアンマンと考えるべきか


恐らくマックス・ラジアルより、ブラックシップより強い相手に
果敢に挑んでいく彼の雄姿は勇ましい


ただ、冷静に振り返ると彼とスペシャルマンって
「弱い」事は弱いんだけど「ヘタレ」では無いんですよね



「勇気」では無く「ノミの無謀さ」と捉える人もいるでしょうが
「自分より強い相手に立ち向かう」くらいの気概はあると


サンシャイン&アシュラマンに「取り消せーっ!!」と挑んでいったのも
後に二人が対峙した始祖に差し替えれば


シングマンとジャスティスマンのタッグに立ち向かっていった

に等しい行為ですからね


並みの超人に出来る行為ではありませんよ



「時間超人編」の彼の立ち回り自体がネット民を意識しすぎた
過剰なファンサービスみたいなもので

とりあえず「弱い」はあるけど「ヘタレ」の超人では無いと思う



 スポンサ




「いちいち悲しんでいても仕方ない」「その通りだただ悲観することじゃない」
「こうなりゃ弔い合戦だ」「誰が一番最初に勝利を手に入れるか競争だ!」


仲間っていいなあライバルっていいなあと思ってしまいました



バスケットに青春を捧げた若き日を思い出しましたよ


ただギリギリアイドル超人のウルフマンが
その名の通り一匹狼特有のプライドで

「は?一緒にするなし!俺はお前ら2軍と違ってアイドル超人だし!」
みたいにこじらせない事を願う



 そしてカメラが引いて5つのリング全体を写すのですが


ヘイルマンが闘ったリングはやはり凍り付いたままで
無残にティーパックマンの残骸が転がっているのですが



肝心のヘイルマンはいずこへ!?



まさか一足早く「地下のお宝」とやらを強奪しに行った!?


彼らのリーダーであるオメガマン・アリステラが
舐めプ状態で「待機」しているのでそれは無いと思いますが


 よくよく考えるとこれが「舐めプ無しのガチンコの強奪戦」
だった場合正義超人側が不利極まりないです




正義超人側は全員が六鎗客に勝たなくてはいけない
が六鎗客側は一人でも勝利すれば地下へ入れる



だって一人が一人を食い止めるので精いっぱいなんだもん


本気で地下のマグネットパワーを獲りに行こうと思ったら
一人が地下に潜り込めればそれで目的は達成するもん



今は敵が舐めプ状態で待機してくれてますが
本気で獲りに来てたらティーパックマンが敗北した現状の時点でもうアウトです



 あくまでルールに則ったレスリングで
悪事を遂行するのが「キン肉マン」の悪役っぽいですね


子供の頃「テリーマンVSアシュラマン」を初めて読んだ時
アシュラマンの「そうだ、ここは場外だった」に思わずツッコミを入れてました


ルール無用の奪い合い殺し合いをしているんだからそれは無視しろよ



「キン肉マン」とはこういう物だと理解した今ではもう
あのシーンもすんなり受け入れられますが




 そしてスポットはやはり先週の引きの通り
「カナディアンマンVSパイレートマン」へと当てられます



「たしかにパワーだけはそこそこあるようだが大した実績は残せていない」


なぜそれをお前が知っている!?

カナディアンマンの無名(有名?)さ加減は
1600光年離れたオメガ星団にも届いていた!?


知名度の無さで知名度を得た男・・・


カナディアンマンはあの大物YouTuberSyamu_Gameだった!?





ジム入会者0人


そしてなぜ100万パワー前後を境に超人強度は
「そこそこのパワー」になってくるんでしょうかね


ミキサー大帝をドライバーで倒す→95万パワーで十分

ゼブラを未完成スパークで倒す→95万パワーで十分

サタンクロスをスパークで倒す→95万パワーで十分

オメガマンを倒す→52の関節技さえあれば95万パワーで十分



前回と前々回とで
「25万パワーしかないティーパックマンじゃ六鎗客の相手にならない」
という話をしてきたのにここにきてカナディ大健闘!?



仮にパイレートマンとヘイルマンがアリステラの弟のオメガマン・ディクシア
の8600万パワーライン

少なくてもその半分の4300万パワーは備えていたとする



4300万VS25万で太刀打ちできない→わかる


4300万VS100万「パワーだけはそこそこある」→!!!?????



4300万相手なら25万も100万もさほど変わらない気がするのですがそれは




 「なぜこの体格とパワーを持ちながらお前は正義超人主力になれなかったのか」



「人が気にしていることをズケズケと・・・」



気にしてたああああああああああああああ



てっきり晩年は開き直ってるかと思ってたよ



王位争奪編では活躍のチャンスもありながら
(キン肉マンの味方じゃなくても同じくカナダエントリーのビッグボディチームだったり)
山奥で木を切るだけの生活


この頃にはもう「捲土重来」を諦めている物と捉えていたよ



 それにしても・・・「ズケズケ」だとか「むざむざ」だとか
昔の漫画だからか言葉の古臭さがたまらなく良い味出してます



押し入れの奥から手塚治虫氏の漫画を引っ張ってきたような味

ゆでたまごではなくピータンを食しているような感覚

これはゆでたまごがそれだけ壮年の漫画家だから起こった事なのか
あえて昔のテイストにしているのか




カナディアンマンがオッサンなだけなのか




初登場時で30だと仮定するとこの時すでに
40手前ですからね






 スポンサ2




 「ジャケットシャッター!!」


カナディのストレートパンチがジャケットに挟まって



「トレジャーハントスープレックスーッ!!」




よかったなカナディ



お前の腕はパイレートマンにとって「お宝」をハントしたに等しい
収穫だったようだぞ



 カナディに的確にダメ出しするも過小評価はしない男気溢れる
パイレートマン



なかなかいい味を出せてるキャラクターだと思いますよ



これで中身がスカーフェイスみたいなイケメンだったら
あっち系の女子の温床になりそう
(それを何女子と呼ぶかは明言しない)



ジャック・スパロウ(ジョニーデップ)みたいなのが
中身として出てきたらさぞ湧いてくるんでしょうね





 「お前はたまたま恵まれたパワーと体格に頼りすぎている」


次々に出てくるパイレートマンの鋭い指摘


これが正しければ私が過去に出した仮説
「カナディはパワー系の練習ばかりでテクニック系をサボっていた」
も正しい事になるわけだが・・・!?







 「オレは数値だけで見ればロビンやラーメンマンをしのぐ100万パワーの持ち主」


「しかしオレはそれを活かすすべを知らなかった」



両手を高く掲げていつもの2倍ジャンプしていつもの3倍回転すれば
バッファローマンも倒せるよ




どのみちここの5人は六鎗客を倒せそうにないので
後続のメイン正義超人がリベンジをするでしょうが


かつて戦った相手ティーパックマンを惨殺したヘイルマンと
「氷の精神」対決が望まれるウォーズマン


という予測も立てましたが


ここで「100万パワー」という単語が出てきたので
もしかしたらカナディのリベンジにこそウォーズマンが抜擢される!?



「見ていろカナディアンマン。これが100万パワーの有効な使い方だ」
みたいな展開もアリっちゃあり!?





 「散々バカにされてきたんだ・・・好きな言葉は捲土重来」



「この散々バカにされてきたんだ」はネット民に対するメッセージですかね


このコマ正面からのカメラ目線で読者と目を合わせようとしてくるし




そして「捲土重来」出ました


「二世」の「究極タッグ」だけのセリフかと思いましたが
おそらく歴史が捻じ曲がっていない今この場所でも同じセリフを出したという事は
「日々捲土重来を思い描いていた」という事になりますね




 「これ以上恥を重ねられるかーっ!!」



カッコイイカナディを描きたいのか笑わせたいのか


バックに今までの敗北シーンのダイジェストが

いずれもスペシャルマンがセットですので


仮にカナディが大金星を挙げたとしても
この場に参戦していないスペシャルマンのヘタレ度が際立つだけ
な気もしますが



そして煽り文句もひどい(誉め言葉)




「辛酸を嘗め尽くした男の意地!!」
ってアンタ




今の担当編集とゆでは本当にカナディを生かさず殺さずが上手いなあと
思ってしまいました





 総評・・・89点



カナディが頑張っているだけでもう面白い


それが嫌味的な物か本当の応援かは自分でもよく分からないが


彼は「散々バカにされた」と言ってますがそれは
勝敗じゃなくて「闘う機会すら無かったから」なんだけど

(事実負けが多いのにアシュラマンは強豪扱いだし)



ここまで果敢に自分よりも強い敵に立ち向かうカナディは
勝敗に関わらず「恥」はもう呼べないでしょう



まさしく「超人様」のスペシャルマンのセリフを借りて
「勝利よりも生還を願う」


 パイレートマンの中身候補





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

プロフィール

八神聖人(やがみきよひと)/ロマンGO(ロマンゴー)

Author:八神聖人(やがみきよひと)/ロマンGO(ロマンゴー)
FC2ブログへようこそ!

>
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
カテゴリ
カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。